特許、実用新案、意匠などに関する質問、申請依頼など、当事務所へメールください。
アドレス

 

Q1.なぜ特許が必要?

A1.利益を上げて社会に貢献するためです。
あなたの創造物が、世の中に提供され、売れると、それを真似て儲けようと善からぬことを企む人が必ず現れます。
ここで、隣人愛から、私は儲からなくても良いので、皆様が儲かって下さいと言える人は、特許を取る必要はありません。
しかし、そのような隣人愛は人を堕落させる原因にもなります。かつ、経済的行為に混乱をもたらし、社会を破滅させることにもなります。
そして、新しいものを創造しようとした者には法益が必要です。
この法益の経済的側面としてあるのが特許です。

 

Q2.何が特許(発明・考案)?

A2.あなたによって新しく考え出されたものが特許になります。
ここで、審査の結果、新しくないと指摘される場合もあります。
しかし、あなたによって新しく考え出された創造物が、すでに、前からあるものに過ぎないと言うケースは稀です。多くの場合は、創造物に新しい点があるのに、その新しい点に気づいていないケースです。
問題は、発明をしているのに、その発明内容に気づいていないケースが多いことです。
私どもはその発見のお手伝いが出来ると確信しております。

 

Q3.何を考えれば特許?

A3.先ず、新しい点を見つけることです。
次に、その新しい点による有益な技術効果を見つけることです。
上記2点が判れば、間違いなく、特許になります。
尚、この2点の発見には、専門家と相談することをお勧めします。

 

Q4.なぜ特許出願?

A4.なぜ特許出願が必要かの理由となぜ特許が必要かの理由は重複する点もありますが、異なる点もあります。
その異なる大きな理由は次の通りです。
特許出願しているのみで他人の真似をある程度排除できるからです。
排除できれば、さらなるコストを掛けて、特許を獲得しなくても済みます。勿論、最終的には特許を獲得しなければならない場合もあります。特に、商品寿命が長い場合には特許権を獲得することが望ましいと考えます。
しかしながら、他人による真似をある程度排除できれば良いという場合には特許出願のみでも効果があると考えます。
すなわち、私どもは特許を取るのが最終目的と考えておりません。
特許を取るのは利益をあげて社会に貢献するための手段に過ぎないと考えております。
最終目的は利益をあげて社会に貢献することです。

 

Q5.なぜ実用新案や意匠が必要?

A5.特許の場合と同じ理由です。
何が登録になるか、また、何を考えれば登録になるかも、特許の場合と同じです。

 

Q6.なぜ商標登録が必要?

A6.あなたの商品が、世の中に提供され、売れると、その名前を真似て儲けようと企む人が必ず現れます。
ここで、隣人愛から、皆様どうぞ同じ名前で販売して下さいといえる人は、商標登録をする必要はありません。また、真似られた人から、その名前は私が登録したので、他の名前に変更しろと要求された場合、喜んで変更しますと言える人は、商標登録をする必要はありません。
しかし、他人による不当な名前変更の要求や真似が理不尽であると思う人は、それなりの法的対策を採っておく必要があります。
これが商標登録する理由です。

 

Q7.ご存知ですか?

高速道路で使われている言葉「ETCマイレージ」をご存知ですか?
この言葉「ETCマイレージ」は、平成16年8月6日に、私共のクライアントA社によって商標出願されたものです。
この商標出願に対してX社は平成16年12月29日にクレイムを特許庁に申し立てました。
この後、平成17年2月9日に「ETCマイレージ」の登録は認められない旨の通知が特許庁から当事務所に参りました。登録を認めない理由は、商標「ETCマイレージ」はサービス内容を表す言葉であるから独占的使用を許さない、かつ、先行登録商標「etc」に類似するから登録を認めないと言うものです。
これに対して、当事務所は、反論しました。この反論の結果、平成17年6月29日に「ETCマイレージ」の登録がA社に認められました。
この事実が平成17年7月4日にキャッチされ、商標「ETCマイレージ」譲渡の申し入れが参りました。譲渡の申し入れは過去にも有りましたが、「ETCマイレージ」の登録は認められないと思われたからなのか交渉は纏まりませんでした。
しかしながら、X社は「ETCマイレージ」を使用していたことから譲受が至上命題であり、平成17年9月22日にA社からX社に譲渡が行われ、X社が所有するものとなりました。
さて、X社が商標「ETCマイレージ」を手にする為に支払った代償は?

 
 
TOPへ
来知国際特許事務所